お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

新年あけましておめでとうございます。

チーム関係者の皆様、チームを陰ながら応援してくださっている方々につきましては、旧年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

この度は、昨日お伝えしたチームの基本理念に引き続き、

『チームのニーズに応えること』の3つ目、

チームを応援してくれる方々に対するニーズ

についてお伝えさせていただきます。

■チームを応援してくれる方々のニーズ

1.三重大学関係者各位

三重大学アメリカンフットボール部は、他のチームと比べて部員数は決して多くはありませんが、しかし、多くの方々のご支援とご声援のお陰で何不自由なく日々の活動に取り組むことが出来ております。

三重大学アメリカンフットボール部の顧問を務めて頂く、

三重大学 人文学部教授 樹神 成 様 

を始め、

東海学生アメリカンフットボール連盟常任理事長野 豊(第3期)

理事今神 広紀 様(第32期)、新美 瑠唯 様(第33期)

そして今年より理事を務めていただく 友廣 拓人 様(第34期)

東海学生アメリカンフットボール連盟主催の公式戦の審判を担当される

田中 将之 様(第8期)、松本 一彦 様(第8期)、

小西 聖人 様(第22期)、田中 将輝 様(第25期)

チームドクター久保 宏幸 様(第8期)

ここに挙げさせて頂いた方々のご厚意とご助力により、

・三重大学アメリカンフットボール部が三重大学内における正式な団体として認められております。

・アメフトを安全に競技するための講習を始めとする安全管理に関わる対策が受けられます。

・公式戦の日程調整や会場の確保および、当日の大会運営者やゲーム審判員立ち合いの下で、公正なルールに則り、終始安全管理の配慮が行き届いた状態で、学生たちは公式戦に出場することが出来ます。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。
私たちは、三重大学のグラウンドからは決して見ることが出来ない処で、三重大学アメリカンフットボール部の存続と発展を期待する多くの方々の応援によって支えられていることを胸に抱き感謝しないといけません。

そして、三重大学関係者、三重大学アメフト部OBでもある、この方たちの献身的なサポートに報いるためにも、三重大学アメリカンフットボール部は、益々発展していかなければなりません。

これこそ私が掲げる学生たちのニーズ、家族の方々のニーズに続く、3つ目の「チームを応援してくれる方々のニーズ」となります。ここには、私たちコーチングスタッフを始め、その他大勢の三重大学アメリカンフットボール部OB・OGの方々も含まれます。

つまり、応援者としてのチームに対する想いは我々も同じです。これからまずは1年間、チームの発展のためにコーチングスタッフ一同、誠心誠意尽くしていきますのでよろしくお願いします。

2.チームの飛躍発展に向けて

日本を代表するチームとして飛躍していくためには、今まで以上に多くの方々の支援が必要となってきます。その支援とは、チームを運営するための資金であったり、物品を指すものではありません。三重大学アメフト部の選手が出場する試合会場に足を運んでいただくことから、常日頃発信している情報に目を向けていただき、我々の活動に興味を持って頂くことも立派な支援となります。

これにつきまして、私たち三重大学アメリカンフットボール部は、より多くの「ファン」の方々の応援を必要としております。そのため、今後は三重大学生から三重大学教授の方々、はたまた津市在住の方々から三重県在住の方々へと、ここ三重大学を起点として、より多くの方々が私たちに対して興味・関心を抱き、そして暖かく応援して頂けるような活動を展開していく所存です。

これからも三重大学アメリカンフットボール部をよろしくお願いします。

平成31年1月2日

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事