お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

鳩の生態記録を実施した直後、鳩の生態記録①でご紹介した通り、雌鳩が2個目の卵を産みました。

その後、卵を孵化させる為の抱卵に入るところをカメラに収めることが出来ました。
しかし、ここで私は大きなミスを犯してしまいました。
午後の仕事の休憩時間に自宅に戻り、充電の切れたカメラ(Surface3)を旧式のiPadに取り替え、後半の生態記録の準備を完了させてから、衣類も洗濯のために洗濯機を稼働させてしまいました。
これがいけなかった。私の配慮が欠けていました。
と、反省しても後の祭り。
洗濯機の轟音に親鳩が巣に近寄るのを警戒し、抱卵を放棄するようになってしまいました。
何度か巣に戻り、卵を気にする様子は見れましたが、洗濯機からの排水によって、巣が浸水するなど、これじゃ無事に卵はかえらないとあきらめてしまったようです。
翌朝になっても、鳩が戻る気配はありませんでした。
このまま放っておいたも卵はかえらないので、ダメ元で室内で温めることにしました。
とりあえず2週間、このままにして様子を見てみます。
次に産卵したときは、洗濯機の使用は控えないといけないですね。
ということで、微妙な結末(?)になりましたが、いったん鳩の生態記録は打ち止めにさせてもらいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事