スポンサーリンク

今日は午後のアメフト部のミーティング以外はフリーだったので、家事に専念してました。こういうゆとりがある日に、来週の公式戦に向けてスカウティングビデオを見ようと思ったりもするのですが、とても非効率な感が否めません。

クラウドストレージを利用してデータを常にダウンロード出来るようにしてあるのですが、ダウンロードに時間がかかるのは仕方ないとして、所定のサイトが開くのに時間がかかったり、ダウンロードしたデータが圧縮ファイル内にあるので、いちいち解凍するのが面倒臭かったり、こういう作業をしているだけで、ビデオを見る気が失せてしまいます。

VHSテープをひたすらダビングして、コーチに手渡ししたり郵送してた時代からクラウドストレージを導入した時は、とても感激したものですが、時の流れと共に廃れていったところがあります。

それでいて、年間2,3万円程度の使用料を支払っているので、ここはもう少し効率の良い運用に持っていきたいところです。これについてはYouTubeを活用すれば良いのですが、大抵のビデオカメラは、撮影した映像を直接YouTubeにアップロードできる仕様になってないので、これはこれで困ったものです。

しかし、この手の問題も、カメラ性能が格段に向上した最近の携帯電話だったら解決できます。大学内の練習だったら、学生たちは学内のWi-Fiが使用できるので、携帯電話でYouTubeに直接アップロードしてしまったら一発です。

ただ、それだと個人の携帯電話に膨大なデータが蓄積されてしまうという難点があり、この案に対して学生たちが前向きに協力してくれない可能性があります。とは、言っても、今私の手元に、使用してないiPhone7plusがあるので、これを初期化して練習に投入すれば、練習用カメラが1台確保できます。

そろそろ5G端末を所持したいなぁ・・・

と思ってるで、思い切ってiPhone13を購入してしまえば、今使ってるiPhone11proが投入できるので、2台体制であれば当面は十分でしょう。これは少々衝動買いが過ぎるので、残りの1台は私のiPhoneかiPadをそのまま使って、カメラの台数を増やすこととして、こうしておくとYouTubeから常に動画チェックが行えるので、ダウンロードなどのタイムラグが存在しませんし、個人の端末にデータが蓄積したり、個人がファイル管理を行う手間が省けます。

データは限定公開にしておいて、閲覧制限をかければ、外部(対戦相手)に漏れる心配もありません。

こうしておくメリットは他にもあって、学生たちが自分たちのチャンネルの動画を視聴する習慣をつけておけば、いつかチャンネルが収益化された時に、自分たちの動画を視聴することで、広告収入が部費として返ってくるので、一石二鳥の可能性を秘めています。

そんな感じでいろいろと頭の中で構想を練っているのですが、導入するためには多大の時間を要するので、やるとしたら来季。学生は学生で何かと忙しいので、これをするのは私の仕事になると思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事