お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

アーボに食料を与えることを考えるの巻き。

自宅のベランダに突如、ヘビ(アーボ)が現れ、鳩除けネットから見事救出に成功した翌日。流石に野生に帰っているものと思いつつ、ベランダの隅を確認してみると、

IMG_0244_R

まだいた。

彼は一体何者なのか??
どこからベランダに侵入してきたのか??

気になったので、ネットで調べてみたところ
外見と生息状況からアオダイショウで
あることが、ほぼ確定しました。

アオダイショウについて

判断の根拠となったのが次の記述、

・地表、そして地中や下水道まで、
幅広い範囲で活動している。

・ネズミを追って家屋内に侵入することもある。

その他

・人家や倉庫で生活することもあり、
ネズミを捕食することから益獣と
扱われることもあった。

・人との関わりが深く、
都市部でも緑の多い公園や
河川敷などに生息している。
民家の庭先に現れることも多い。

・毒は持たない。

とのことで、

あまり悪い奴ではなさそう。

あまりに心地よさそうに、
くるまっているので、
仕方なくそのまま放置することに!

にしても、そのままほっといても
栄養不足で死に絶えてしまう。

それはそれで、ネグレクト。
育児放棄は立派な虐待行為。

身体の損傷が激しく、
自力で野生に帰る体力が残っていない
のかもしれないので、
栄養補給してやらねばならない。

さっそくアマゾンで、
「ヘビのえさ」を検索すると、

【クール便発送】 冷凍ピンクマウスLサイズ(100匹入り)

 

【クール便発送】 冷凍ピンクマウスLサイズ(100匹入り) [その他]

C-VISION


なんともグロテスク。
ヘビを飼うには、それなりに
覚悟が必要なようだ。

ヘビのためとは言え、
これを購入するには、
もう少し考える時間が要りそうだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事