お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

今回は、夜行バスや高速バスで東京に来るときのおすすめカプセルホテルをご紹介。ここを宿泊場所として、県外から夜行バスで訪れるプランだと、格安で関東旅行が満喫できます。

バスタ新宿から徒歩90秒と、東京までバスでお越しの際はとても便利です。

画像:安心お宿HPより

安心お宿プレミア Anshin Oyado Premier Tokyo Shinjuku Station
ウェブサイト:https://www.anshin-oyado.jp/shinjuku/
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目2−10
TEL:0120-083-184
JR新宿駅・東南口(ホテルまで90秒)又は南口(3分)の改札を出ると、
目の前の「ヴィクトリア」の大きな看板の直ぐ隣に「安心お宿」の看板が見つかります。
※宿泊予約はウェブサイトより行ってください。


ここのおすすめポイントは、バスタ新宿から徒歩圏内にあり、館内のユーティリティが優れていること。そして、24時間いつでもチェックインOKなので、夜行バスで早朝にバスタ新宿に到着後すぐに利用できます。
夜行バスでの移動だと、なかなか熟睡できないし、お店がほとんど開店していない早朝の閑散とした都内に放り出され、途方に暮れてしまいますが、ここで少し休憩してリフレッシュすれば完璧。
宿泊は、お値打ちなバリュープラン(4980円)から、ちょっと贅沢したい人向けのデラックス(5480円)、エグゼクティブ(6180円)と都内の宿泊施設としてはお値打ち。
その他、お昼寝プランなど、ご利用時間帯に合わせて多彩なプランが揃っていますので、
をご確認ください。

正面玄関を入ると外貨両替機があり、外国から来るお客さんに対する配慮が施されています。入り口を入って右側の青白く光る殺菌ボックス内にスリッパがあるので、ここでスリッパに履き替えてフロントに向かいます。

靴箱の向かい側にフロントがあり、そこで受け付けを済ませます。
フロントでチェックインの手続きを済ませて、先に進むとすぐ左側に無料のおつまみコーナーがあります。このちょっとした気遣いに心が癒されます。

館内は全体的に狭い

更に進むとロッカールームがありますが、
館内では、狭くて申し訳ございませんのポスターに見られるように、荷物保管用のロッカーとその周辺がとても狭く、荷物の持ち運びの際は、隣のロッカーのお客さんと場所の譲り合いをしないといけません。ロッカーも狭く、大きな荷物はフロントで預かってもらうことになります。
チェックインして館内着に着替えたら、
まず2Fのお風呂で汗を流します。
残念ながら東京都内のカプセルホテルは、東海圏や関西圏のカプセルホテルに比べて浴室が狭くて、お風呂好きには物足りないのが率直な感想です。
安心お宿HPより
しかし、浴室は比較的新しく綺麗なのと、ミストサウナがあるので、その日の疲れを十分に癒すことは出来ます。浴室は狭いですが、アメニティが充実しているのに加えて、他のカプセルホテルに比べて良質のものを使用できます。

個人的には3枚刃のカミソリを置いてくれているのがありがたい。大抵のカプセルホテルのカミソリは最廉価の切れ味が悪いものしか使えないので、いつも髭を沿った時はあごが血だらけになってしまいますが、ここだと安心です。

安心お宿HPより
また、2Fには、15分100円でコインランドリーが利用できるので、少し高い印象がありますが、連泊する時にも重宝します。コインランドリーを利用する時は、1Fのフロントで洗濯機の電源を入れるための鍵を借ります。(鍵を借りてからの時間制です。)

洗濯中にお風呂に入ってくつろげるのが素敵です。

秀逸なのが3Fの癒しカフェ

館内が狭いというマイナスポイントを補って余りある程素晴らしいのが3Fの癒しカフェ。
安心お宿HPより
Wi-Fi完備で窓際のカウンタ―席にはコンセントがあり、外の景色を眺めながらデスクワークすることも可能です。テーブル席にもコンセントが設置されているので、カウンター席が満席の場合は、そちらも利用できます。

この癒しカフェの素晴らしいポイントはこちら、

フリードリンクにフリーお味噌汁サービス。

私が訪れたカプセルホテルの中で、ドリンク無料なのは(今のところ)ここだけです。豊富な品ぞろえのドリンク、そして寒い夜はお味噌汁で暖まる。安心お宿の粋な心遣いを身に染みて感じることが出来るサービスです。

小腹が空いた時は、手軽に間食も出来ます。晩酌を希望されるお客さんを最大限におもてなしするため、冷蔵庫の中にギンギンに冷えたグラスを配備してくれています。冷蔵庫の隣には、電子レンジがあるので、常に暖かい食事出来ます。

3Fの素晴らしいポイントはそれだけではありません。このフロアには3台のマッサージチェアが備わっていて、なんと無料で利用できます。普通のカプセルホテルやスーパー銭湯だったら、15分300円が相場ですが、ここなら座り放題です。

ここでテレビを見ながらくつろぐもよし、漫画を読みながらくつろぐもよし。至福の時を過ごせます。

4F~7Fのカプセルルームは高級感溢れる造りで、シモンズ社製の寝具が採用されているので、寝心地は快適です。また、各カプセル内に、充電ケーブル(ライトニング、USBtypeB,typeC連結)とコンセントが備え付けてあるので、わざわざ自分の充電機器を持ち込まなくても携帯電話の充電が出来ますし、電池切れの心配もありません。そして、コンセントの差込口が三か所もついているので、携帯電話とパソコン、充電器の充電まで行えてしまいます。

おまけに天然水もついているので、夜中にのどが渇いて目が覚めても心配なしです。ちなみに1日1本天然水はついてくるので、連泊すれば天然水をたくさんゲット出来ます。

アラームをセットして、いざ夢の世界へ旅立ち。

翌朝は3Fで朝食がゲットできます。

(ただし、1人2個までですので、ご注意を!)

どうでしょうか。

私は2019年の1月に、こちらを訪れましたが、

関東方面に一人旅する時の、宿泊場所はここ!!

と1人心の中で、太鼓判を押してしまいました。
無料のおつまみから始まり、フリードリンク、お味噌汁、
マッサージチェア・・・etc

もう至れり尽くせり。痒い所に手が届くとはまさにこのこと。

ということで、今回の総合評価は星4つとさせていただきます。

マイナスポイントは、館内スペースの狭いところです。

しかし、総合的な評価としてはとても高く満足出来るカプセルホテルです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事