お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

楽天が別途展開しているサービスを利用することで、楽天市場でのお買い物のポイント還元率が最大16倍まで上昇します。つまり、楽天市場で購入した商品が最低でも実質16%引きになるという事です。以下のサービスを利用すると、楽天市場でのお買い物ポイントがアップします。

上記のサービスを利用して、ポイント還元率を高めると言っても、「どれから着手していくことが効果的なのか?」、「ポイントアップさせることが目的になってしまい、無駄な出費をする結果になりはしないか?」等々、判断に困るところです。

そこで、今回は楽天市場でのお買い物ポイント還元率を上げてくれるサービスを3種類のステージに分類してご紹介します。

■楽天スーパーポイントアップへと導く3ステージ

ステージ1.所定の手続きを行うだけのサービスに入会する。
ステージ2.電気、通信、保険、資産運用に関わるサービスを楽天に切り替える。
ステージ3.個人のニーズに応じて、その他のサービスを利用する。

ステージ1,2については、入会もしくは契約を済ませることで、常に楽天スーパーポイントの還元率は維持されたままとなりますが、ステージ3については、楽天サービスを使用した「ある一定期間のみ」還元率が上昇するという条件付きです。

ステージ1については、楽天市場でのお買い物をされる方であれば、無条件にサービスのご利用をおススメします。

ステージ2については、各ご家庭でシュミレーションして頂いた上でメリットがあれば、サービスのご利用をおススメします。

ステージ3については、楽天スーパーポイントを最大限に引き上げたい時に、サービスのご利用をおススメします。

それでは、今から順番に上記の3ステージについて解説します。

1.所定の手続きを行うだけのサービスに入会する。

ここでは、基本的に無料で利用できるサービスをご紹介します。

このステージに該当するのが、「楽天市場アプリ」、「楽天カード」、「楽天銀行」の無料サービス別途年会費が必要となる「楽天ゴールドカード」、「楽天プレミアムカード」になります。

楽天市場アプリ

楽天市場アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードして、アプリから楽天市場の商品を購入するだけでポイントがプラス0.5倍になります。

楽天市場アプリをご利用の方は、上の画像のQRコードを読み取るか、

「iOS(iPhone)の方はこちら」

「Androidの方はこちら」

を選択してください。

楽天カード

年会費無料の楽天カードに新規入会して、楽天カードを発行します。

この楽天カードを利用して楽天市場で商品を購入すると、ポイントがプラス2倍になります。

楽天カードの詳細を確認される方、もしくは楽天カードへの入会をご検討される方は、下にある画像をクリックしてください。

楽天カードについては、上位の「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」がございます。

年会費は楽天ゴールドカードが2200円、楽天プレミアムカードが11000円となっており、いずれかに入会すると楽天カードのプラス2倍から、更にプラス2倍の合計プラス4倍のポイント還元率となります。

年間10万円以上のお買い物を楽天市場でされる方でしたら、楽天ゴールドカードへの入会をおススメします。

楽天ゴールドカードの詳細を確認される方、もしくは楽天ゴールドカードへの入会(切り替え)をご検討される方は、上にある画像をクリックしてください。

また、楽天プレミアムカードは海外旅行をされる方には、お得な内容となっておりますので、詳細を確認される方は、下のバナーを選択してください。

楽天銀行

楽天銀行を開設して、楽天カードの利用代金引き落とし口座に指定すると、楽天市場での商品購入時にポイントがプラス1倍となります。

楽天カードに入会されている方は、既にポイントがプラス2倍されているので、通常の楽天会員である場合よりも4倍のポイントを獲得(※)することが出来ます。

(※「楽天会員」だと1倍に対して、「楽天会員・楽天カード・楽天銀行」であれば4倍[=1倍+2倍+1倍]となります。)

楽天銀行の詳細を確認される方、もしくは楽天銀行口座の開設をご検討される方は、「こちらをクリック」してください。

 

2.電気、通信、保険、資産運用に関わるサービスを楽天に切り替える。

このステージに該当するのは、「楽天でんき」、「楽天モバイル」、「楽天の保険」、「楽天証券」、「NBA Rakuten / Rakuten TV」となっております。

楽天でんき

現在ご利用いただいている電力会社を楽天でんきに切り替えると、楽天市場でのお買い物ポイントがプラス0.5倍になります。電気料金の節約につながることもあるので、「電気料金シュミレーション」のページで料金比較してみた上で、「楽天でんきへの切り替え」のご検討をおススメします。

(電気料金が割高になるようでしたら、楽天でんきへの切り替えは見送りましょう。)

楽天モバイル

「楽天モバイルで携帯電話の新規契約をする。」

もしくは

「現在利用している端末契約を楽天モバイルに切り替える。」

ことによって、楽天市場でのお買い物ポイントがプラス2倍になります。

DoCoMo、au、ソフトバンクの大手3キャリアをご利用の場合、月々の利用料金を5000円程度削減することが可能ですので、通信費の節約と併せて検討することをおススメします。

楽天の保険

「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い、楽天ID連携すると翌月のお買い物ポイントがプラス1倍になります。

楽天証券

今までに獲得した楽天ポイントで投資を行うことによって、楽天市場でのお買い物ポイントがプラス1倍になります。

ポイントのみで運用する場合、相場の変動によって損失が発生したとしても、現金ではなくポイントを失うだけですので、投資リスクを最小限に抑えることが出来ます。

(ポイントを失うことと現金を失うことはほぼ同じですので、上記の表現は誤りですが、苦労して稼いだお金を失うことと比べると、精神的なダメージは小さくなると思います。)

月々のポイントが不足する場合は、現金を充当することも出来ますので、資産運用を検討されている方は、楽天スーパーポイントの獲得と併せて、楽天証券をおススメします。

NBA Rakuten / Rakuten TV

「NBA Rakuten」またはRakuten TVの「Rakuten パ・リーグ Special」にご加入・契約更新で、楽天市場でのお買い物ポイントがプラス1倍になります。

 

3.個人のニーズに応じて、その他のサービスを利用する。

以下に示すサービスを利用すると、一定期間だけ楽天市場でのお買い物ポイントがプラス0.5~1倍になります。内容の詳細やポイント獲得条件は、下記のサービスを選択して確認ください。

 


 

最後に

参考までに私は、上記サービスの内、「楽天市場アプリ」、「楽天ゴールドカード」、「楽天銀行」、「楽天モバイル」を利用しています。

従って、私の場合ですと楽天市場でお買い物をすると、楽天市場でのお買い物のポイント還元率が最低でも8.5倍になります。

[1倍(楽天会員)+0.5倍(楽天市場アプリ)+4倍(楽天ゴールドカード)+1倍(楽天銀行)+2倍(楽天モバイル)=8.5倍]

今後、「楽天証券」の入会や、「楽天トラベル」を利用することで、一時的にポイント還元率を10倍以上に引き上げてみようと画策しておりますが、読者の皆様におかれましても一度ご検討してみてはいかがでしょうか??

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事