お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

チームが常勝集団へと進化するためにはどうすればよいのだろうか?

「お前たちは勝つ気がない。」

と、大学時代にアメリカンフットボール部に所属していた私は、当時のOBやコーチの方から、そのような言葉もしくは暗にそれを示す言葉を投げかけられることがあった。そして、私自身も卒業してコーチとしてチームに関わるようになってから、選手たちに同じような言葉を投げかけたことがある。

しかし、よくよく考えてみたらこの言葉はおかしい。

誰が負けることを望んで、毎日厳しい練習に臨んでいるのだろうか・・・??

勝負ごとにおいて、勝つか負けるかと聞かれたら、勝ちたいに決まっている。

負けを望むシチュエーションといえば、相手に花を持たせてやってくれと大金を積まれ、八百長試合をする時くらいなものだ。
[adchord]

屁理屈をこねるのはこれくらいにしておいて、指導者にあたる人物が

「お前たちは勝つ気がない。」

と発言する時の真意としては、

「お前たちの練習への取り組みを見ていると、勝負に勝つという気迫が感じられない。」

と言ったところである。

それでは、

勝負に勝つ気迫とは具体的にどのような状態を指すのだろうか・・・?

と、ふと考えた時に、私の頭の中に浮かぶのが、夏の甲子園球場で全国の強豪たちと勝敗を競う高校球児たちである。

彼らがぼてぼてのショートゴロでも1塁ベースに向かって全力疾走しヘッドスライディングする姿、試合に勝った時にメンバー全員で喜びグラウンドを駆け回る姿、そして負けた悔しさに堪え切れず涙する姿を私は連想する。

では、

私自身は、現役時代をさかのぼった時に、果たしてこの高校球児たちのように熱くなれたのか??

と言うと、残念ながらそうとも言えない。

私と彼らではどこに違いがあるのか?

そして、

どのような段階を経ることで、勝負にこだわることが出来る常勝集団へと組織を進化させることが出来るのか?

ということを、ある時から考えるようになった。

甲子園に出場する高校球児たちは、小学生になる頃には、既に野球を始めている。その時に、バットでボールを弾き飛ばす経験や飛んでくるボールをキャッチする経験を通して、野球の楽しさを知ることになるのだろう。

ライオンズベースボールスクールより

そうして、野球に対して興味・関心を抱くようになると、今度はプロ野球中継を見る。すると、自分の好きなバッターや特徴的な選手のものまねをしてみたりするなどの好奇心が生まれる

そして、少年野球チームに在籍する中で、好きな選手のフォームを真似てみたりすることでプレーの上達を早め、やがてそれが向上心へと進化する

この向上心の発現によって、単なるものまねの対象であったプロ野球選手は、自らが学ぶべきお手本へと変化する

そして、いくつかの成功体験を収める内に、自分自身のプレーに対して自信が生まれる

アスレチックスBBCのホームページより

やがて中学生となり県外の遠征に出る時には、自分自身がこれまで積み重ねてきた野球経験に自信とプライドを持って未知の強豪たちに戦いを挑むようになっているだろう。

そうして、自分自身の実力にプライドを持った選手は、さらなる高みを目指して、甲子園大会への出場回数が多い強豪高校へと進学を決意する。そこで勝利の喜びや敗北の悔しさを経験することで、勝負にこだわる選手へと進化し、練習においては、個々や集団に対するプレーに厳しくなれる常勝集団の一員となるのである。

東愛新聞より

あくまでも、私の想像ではあるが、幼少期から青年期の成長過程において、大体上記のような意識形成がなされているのではないだろうか。

そのような背景を踏まえて、私が大学でアメリカンフットボール部に入部してからの1年間を振り返ってみた。

今、当時のことを思い起こしてみると、フットボールが楽しいと思えた時間がほとんどなかったように思う。

大学に入学するまでアメリカンフットボールというスポーツは私にとっては未知のスポーツであった。そんな私がフットボールを始めたということは、何かしらの魅力を感じてのことだったと思う。

しかし、その魅力というのは、アメリカンフットボールそのものの魅力ではなく、新入生獲得に対して必死に活動する、アメフト部員もしくはアメフト部全体の雰囲気から放たれるものであり、アメリカンフットボールというスポーツが楽しいスポーツであると認識してのものではない。

やがて新入生獲得のための期間が終了すると、チームの中心となる最上級生が秋の公式戦に勝利するために、練習中のプレーに対する厳しさを求めるようになってくる。

すると、どうだろうか?

部員数の少ないチームにおいては、経験が浅く実力がない1年生の出場も余儀なくされる訳だが、それは、アメリカンフットボールというスポーツの楽しさを知る暇も与えられなかった私に対して、試合に勝つための厳しさが求められていたということである。

実際に、私が現役時代に活動していた頃は、毎年入部した新入生の約半数が2年生になるまでに退部していた。当時の私は、そのような部を去る者たちを、

「なんて無責任で、根性のない奴だと。」

見下していた部分が少なからずあった。

しかし、楽しくない集団とは関わりたくないという意思表示をする勇気は、今にして思うと評価に値したのしれない。(退部していく理由は多岐にわたるので、楽しくないということだけがその理由ではないが、そのことについては、ここでは触れない。)

今まで、それなりに恩を受けてきた人たちに別れを告げることには、それなりに心の中で葛藤があったかもしれないし、私が責任感と根性で4年間チームに在籍していたかというと、そうでもない。

時には逃げ出したかったり辞めたいと思ったことがある。その気の迷いを自分自身の責任感と根性で振り払ってきたと言えば恰好は良いが、そこには少なからず、自分の本心を伝えられない弱さも混在していたように思う。

ここで、アメリカンフットボールに対するマイナスイメージを持たれたかもしれないので、読者の皆様に誤解を与えないために補足しておきたい。

まず私に関して言えば、辛い練習を乗り越えた後には達成感と充足感が存在することはあった。楽しくないということがマイナス要素として働くわけでは決してない。

そして何より、アメリカンフットボールは素晴らしいスポーツである。そうでなければ、あれほどまでに全米を熱狂に包むことは出来ないし、私もこの年まで指導者としてチームに関わることはない。

ただ、ここで強調しておきたいことは、

マイナースポーツにおいて常勝集団を目指す場合は、競技に関わる選手たちは基本的に初心者であり、選手本人が心の底から戦いに勝つ(勝ちたい)という意識を涵養するまでには、適切な段階を経なければならない。

ということである。

ここでまとめとして、集団スポーツにおける選手の意識形成過程について一定のモデルを示しておく。

■集団スポーツの意識形成過程

1.楽しいと思う

2.好奇心が湧いてくる

3.向上心が芽生える

4.自ら学ぶようになる

5.プレーに自信が持てるようになる

6.プライドが生まれる

7.勝負にこだわる

8.プレーに厳しくなる

マイナースポーツ団体において、これから常勝集団を目指していくのであれば、上記を意識していく必要があると私は考える。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事