お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。
将来的に資産運用を始めたいと思う方が、初めに何をするべきなのか??

今回は、将来的に資産運用してお金を増やすことを検討中の方やまだ社会に進出していない学生さんのために(私が)必要だと思う情報をお届けします。

投資に関する教育を受けていない人や知識・経験のない人が、資産運用に乗り出して、投資を始めても、運が良くない限り資産を増やすことは出来ません。むしろ、今まで頑張って溜めてきた資産を溶かしてしまう可能性の方が大きいです。

かと言って、

チャートの分析方法を学習すると言っても、そのような余裕をかましている時間が私にはない!!

という方が多いように思います。

実際に私自身もテクニカルな分析手法を学んでみようと思ったことはありましたが、結局何もせずにここまでやってきました。

それでも、ここ数年は安定して利益を重ねることが出来ています。そこに行きつまでに、強制ロスカットの洗礼など様々な挫折を味わってきましたが、これから皆様にお伝えすることなどを、もっと早くに知っていれば、

今頃は、もっといい投資結果が出ていたのになぁ・・。

と後悔することがあります。

私は、YouTubeからに発信されている動画から、参考になる人の考え方をインプットして投資やお金に対するマインドセットを日々改善するようにしていますが、今回ご紹介するのは、与沢翼さんの講義における30の格言です。

約58分の動画の中で、以下の30のアドバイスを行っていますが、投資行動だけではなく、人生全般において、とても為になる言葉だと思います。

マインドを変えろ!最速で成功する!!より
 1.7割の完成度までいけば、前に進んでいく。
 2.最後は自分の頭で考える。他人に依存しない。
 3.ちょっと上手く行っても調子にのらない。調子にのって油断すると次に負ける。
 4.アイデアを追加しながら進む。改善しながら進む。
(投資はアイデア)
5.イライラしない。資金管理、テクニカル、ファンダメンタル。
(イライラしても表に出さない。)
 6.他人と比較しない。
7.常に節約する。
8.軍資金を集める。貯金する。そして投資に回す。投資用貯金。
(心の会計簿、お金の価値を心理的に棲み分けている。)
 9.結果にこだわる。プロセスは重要ではない。1ヶ月、1年単位でこだわる。プロセスは話さない方が成功者チックである。
10.人としての魅力を高める。内面的な要素。この人と一緒にやっていきたい。得られる者が多い人に集まる。
11.文句や不平不満、悪口を言わない。悪口などを気にするマインドにならない。
(悪口を言われても対抗しない。)
12.伸びるところを伸ばす。利益をたくさんとれるところではリスクをたくさんとる。損失が拡大する局面では、リスクはとらない。やさしいならやさしさを伸ばす等々。成功者は例外なくスペシャリスト。自分の個性強みを伸ばす。弱みは(なくすよりは)認める。
13.自分の弱さは笑顔で認める。
14.本当に必要なものと不要なものを区別する。
※世の中、玉石混淆。不要なものは基本的には、遮断、カット。
※不要なものを捨てると言うことは、新しいものが入ってくる。
15.本物を見極める。日経よりブルームバーグ。
16.常に観察する。観察力がビジネスセンス、トレードセンスに直結する。
17.枝葉末節よりも幹をみる。ミクロよりもマクロが大事。抽象化させる。大きな視点で観察する。
18.斜に構えない。まっすぐ見る。何でもかんでも悪口を言わない。
※無関心な態度をとるよりも目線を上げて関心を持つ。
19.孤独に強くなる。
20.他人をうらやまない。自分は自分の個性、世界観を作り上げる。
21.争いを避ける。喧嘩をしない。売り言葉に買い言葉は時間を消耗する。
※戦争しない国は経済成長した。戦争する国は後進国となった。
22.常に5年後の為に動け。性急に結果を求めるな。
23.自分の周囲の人を大切に。
24.恩を受けたら、必ず倍にして返す。
25.借りを作りたくない人には頼らない。関わらない。
※悪いものも良いものも利用出来ると思ったら負け。
26.とにかく試す。何でもやってみないといけない。
27.思い込みを疑え。追認バイアス。自分の都合の良いことだけが目に入ること。都合の悪い情報だけを排除する。そうすると上手く行かない。損切りしないといけないときに出来ない。下がっていても誰かが上がるといっているからしない。
28.常識に逆行せよ。高校に行くのが常識だが、高校に行かない。会社は勤めるもの?会社はつくるもの?
29.自分だけの強みを探せ。マメであるとか。無くても探そうとする。そして、そこを伸ばす。
30.飲み歩くな。飲み歩いて愚痴を言ったり、年商自慢しない。

今回の記事に沿って見た時に、これから投資を始めるために必要なことは、30のアドバイスのうち、

 5.イライラしない。資金管理。(イライラしても表に出さない。)
 7.常に節約する。
 8.軍資金を集める。貯金する。そして投資に回す。投資用貯金。

の3つです。

投資に関する知識と技術を身につけてプロのトレーダーであれば、少ない手持ち資金から、大きな利益を生み出せるかもしれませんが、これを我々は真似るべきではないと思います。

投資に必要なノウハウがない我々は、リスクを最小限に抑えつつ、小さなコストを重ねていくことが大切です。

小さな利益じゃ、将来の足しにならないんじゃないのか??

その通りです。だからこそ、貯蓄して軍資金を蓄えることが大切になります!

下の図は、それぞれの金額を年利3%で複利計算した場合の推移です。

100万円を運用して、年間3%の利益だと3万円。30年運用すると34万円になります。

これが1000万円であれば、1年間の利益が30万円で、100万円の場合に比べて、27万円の差になりますが、30年後には427万円と100万円で運用した場合に比べて約400万円もの差になります。

投資による損失のリスクを下げる最も効果的な方法は、運用よって求める利率を下げることです。ローリスクの運用だと、リターンも少なくなってしまいますが、この時に運用資金つまりどれだけの軍資金を貯蓄してきたかが大きく効いてきます。

年間で安定して資産を3%拡大することが可能であるという前提に立つことが出来ると、安心して将来設計が行えます。

還暦(60歳)までに老後資金として3000万円を蓄えておく

ことを目標にするのであれば、

20代の会社員であれば、頑張って30歳までに1000万円貯蓄して運用に回す。

⇒これさえ出来れば、30歳以降の可処分所得(自分の自由に使えるお金)は、言葉の通り半永久的に自由に使うことが出来ます。

高校生が大学に行くことを諦める代わりにその学費の1000万円を運用に回す。

⇒これは大胆な発想で、学生さん本人ではなく両親の同意が必要になってきますが、この場合だと60歳までの期間が40年間運用できるので、YouTuberやその他フリーランスなど、たとえ十分な収入が得られなくても、毎日の生活をしのぐことさえ出来れば、60歳の段階で3000万円の老後資金を残すことが出来ます。(40年間運用すると、3262万円。)

40歳までに2000万円貯蓄して、20年間運用する。

等々、その他、いろいろな人生設計が可能となります。

かつての私は、目先の利益にとらわれて、やみくもに短期の成果を求めた結果、大損失を計上して、軍資金となるべき運用資産を大きく減らしてしまいました。

このように、投資に関する十分な知識や教育が授けられていない我々日本人の大半は、投資を始めたころに出鼻をくじかれてしまいます。そのような方々が、今後現れないように、拙い記事ではありますが、少しでも私からの情報と経験談が皆様のお役に立てたら幸いです。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事