お探しの記事はこちらのガイドを活用ください。

三重大学アメフト部で学生たちを指導する傍ら、
今年は社会人チームにも所属し、
プレーヤーとしての活動を再開した筆者。

フットボール選手として1線を引いてから
5年以上が経過し、4年前には、
ウルトラマラソン出場のため、
当時より10kg以上減量している。

168cm82kgくらいが、
私にとってベストなコンディションであるが、
一時は67kgまで体重と筋力を減らして
しまったため、フットボール選手としては、
とても使い物にならない現状にある。

選手として活動するためには、まず身体づくり。
筋肉をつけてウエイトアップするためには、
何と言ってもたんぱく質摂取が肝心。

しかし年齢も30代半ばに差し掛かり、
食生活の偏りが、体調不良に直結することを
身に染みて感じる今、動物性たんぱく質の
過剰摂取に頼った身体づくりはリスクを伴う。

何とか植物性たんぱく質だけで身体づくりが
出来ないものかと思案して編み出した、
料理が今回の豆腐お好み焼き。

植物性たんぱく質で思い当たる食品は大豆。
大豆から出来た食べ物は豆腐。
ということで、早速つくってみました。

今日準備した食材はこちら。
まず豆腐。このサイズを2丁使います。
IMG_9922_R

ビタミン類も摂取したいので、
思いつく限りの野菜をチョイスします。

豆腐1丁 105円、キャベツ 105円、
エリンギ 105円、シイタケ 138円
つきこんにゃく 95円、きざみねぎ 95円

IMG_9934_R

小麦粉 405円
この段階で材料費は1200円程度です。
(税込み1153円)
IMG_9921_R

早速、調理にかかります。
まず野菜をひたすらみじん切りにしていきます。
キャベツの芯は別に切り分けて、
後で細かく刻みます。
IMG_9935_R

野菜をみじん切りにするときは、
別途ピーラーを購入しておくと時間が短縮できます。


ボールの中に入れるとこんな感じです。
IMG_9937_R

生地の下味は、ラーメンスープを使います。
このラーメンスープは、私にとっては万能の
調味料で、ラーメンだけでなく野菜炒めから
鍋のだしなど、幅広く活用できます。

これを4袋と小麦粉200g程度を
ボールの中に入れます。
IMG_9938_R

このラーメンスープ。私はスーパーで購入しましたが、
そのほか即席料理にも手軽に利用できるので、
まとめ買いをお勧めします。


IMG_9939_R

さて、これで後は、材料を混ぜ込んで、
生地を完成させるだけですが、
一つ問題があります。

それはたんぱく質の含有量。
現時点での主なたんぱく源は豆腐です。
しかし、この豆腐のたんぱく質量、
100gでせいぜい5グラム程度です。

今回は、500gの豆腐を2丁利用しているので、

たんぱく質量
=5(100グラムあたり)×5×2=50g

となります。

私に必要な1日のたんぱく質量は、
体重×2で計算すると、140g程度。
1食で50gのたんぱく質が摂取出来たら
万々歳ですが、今回の材料だと大きめに
お好み焼きを作っても5食分になります。

とても1日で食べきれる量ではないし、
食べきれたとしても、50gのたんぱく質では、
1日の必要量をカバーできません。

ということで、ここで秘密兵器。
大豆プロテイン!


1kgで2100円と、他のプロテイン製品に
比べて低価格で購入できます。
※大豆製品を購入する時は、遺伝子組み換え食品か
どうか注意してください。

これを200gトッピングします。

生地が完成しました。
IMG_9941_R

早速フライパンに投入して、
お好み焼きを作ります。
IMG_9942_R

お肉の触感を再現するために、
エリンギをトッピング!
IMG_9943_R

弱火~中火で5分程度、蓋をして加熱します。
5分経過したらさらに裏返して蓋をして
5分加熱すると完成です。
IMG_9945_R

最後にお好み焼きソースとマヨネーズを
かけて召し上がってください。
IMG_9944_R

今回、生地を加熱する時に油は使用していません。
食事の際にマヨネーズを使わなければ、
低脂質でヘルシーなお好み焼きになります。

注)意外かもしれませんが、豆腐には100gあたり3gの
脂質が含まれています。500gだと15g含まれる計算です。
従って、体脂肪を減らすための食生活を目指すのであれば、
豆腐の利用は控えて、大豆プロテインで生地を作った方が
いいかもです。

身体づくりを優先した料理なので、
めちゃくちゃ美味しいとまではいきませんが、
なかなかの美味です。

材料費は、これで約1500円程度で、
普通サイズだと10食分作れるので、
1食あたり150円とお値打ちです。

これからボディメイクを検討される方は、
是非お試しあれ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事