スポンサーリンク

退職を決意してから、周期的に訪れる期待と不安。

ここ数日も不安な気持ちに苛まれていました。

退職してから生計を立てられるのだろうか…??

から始まり、

後もう3年教員を続けたら、もっと安定した状態で退職できるけど、本当に今でいいのか??

と、この期に及んで、ためらい気持ちが脳裏をよぎります。

退職すると決めた私でさえ、この有様ですから、仕事を辞めたいけど辞められない人の現状維持バイアスは、かなり強烈なんだろうなぁ…と思います。

このような迷いを生じることを先読みして、教師を辞めると決意してからは、学校長にその意向を伝え、生徒たちには「2022年の3月いっぱいで辞める!」と公言して、退路を断ってきました。

自習室のアイデアを始め、個人的には、「結構、面白いんじゃないか?」と思うことがいくつか浮かんでくるものの、「もしも、上手く行かなければどうしよう…?」と、まだ何もしていないのに、失敗を恐れて、挑戦することから逃げようとする弱い自分。

そんな自分の心に喝を入れるべく、購入したのが堀江貴文さんのやりきる力

今日は、仕事を少しだけ早めに切り上げて、カフェで半分ほど拝読させてもらいました。

特別なノウハウを吸収するためではなく、「迷わず挑戦しろ!」、「最後までやりきってみせろ!」のような精神的な後押しを求める私にはうってつけの書籍。

正攻法などなく、ただ愚直に試行錯誤を繰り返す!

堀江さんには及ばないですが、これは本来、私が得意とするところでもあります。

やれることをやりつくして、それでダメだったら、もう一度、学校に戻ればよい!

その時は、当然、収入面での待遇は、悪くはなってますが、生活できないことなどありません。

むしろ、こんな立派なセーフティーネットが張り巡らされているのに、何も挑戦しなかった後悔の代償の方が今後高くつくのではないでしょうか??

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事