スポンサーリンク

今日は、20時配信予定の動画を朝から編集。

お昼過ぎに完成させてから、フェスタ調整会議なるものに出席するため名古屋にいざ出発です。

この会議では、春の公式戦の対戦カードを協議するのですが、三重大学は蚊帳の外といった感じでした。

他大学さんは良識ある方々なので、

三重大学のような弱小チームとやっても、うちにはメリットはない!

ってことは公然とおっしゃりませんが、

是非、三重大学と試合してください!

って言っても、即座に丁重にお断りされると、胸中を容易に察することが出来ます。

こういうのって、我々の世代からすると屈辱的なことで、

ここで受けた屈辱は秋シーズンに必ずお返しします!

って、闘志に変えて、次の練習へのモチベーションに繋げていくのですが、この価値観が今の若者たちに通じるものなのかが、いまいちよくわかりません。

そもそも、「丁重にお断りされた。」という表面的なやりとりだけで完結してて、相手の腹の内が読めてないから、「あぁ、そうですか。それは残念です。また機会があればよろしくお願いします。」ってところに収まってるのかもしれません。

となれば、当然恥じらいの意識など芽生えるわけがありませんし、そこから闘志がみなぎる訳もありません。

まぁ、なかなかチームスポーツの指導というのは難しいものです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事