スポンサーリンク

今日は朝起きた時から若干憂鬱でしたが、これは学校に対する拒絶反応というよりは、単なる心の甘えのような気がしました。

どんな仕事をするにせよ、朝目が覚めた時に面倒くさいとか思ってしまったりするもので、ある程度の忍耐力は求められるものだと思います。

ただ、そういった場合に人様の役に立てる仕事であれば、気持ちを奮い立たせて頑張れるものでしょうが…

高校教師という仕事については、というか私に関しては、そこが怪しい。

非効率な学校現場においては、生徒にとってプラスどころかマイナスに作用していることさえある。

人生経験の短い学生の内は、何かしらの違和感を感じつつも、他の選択肢が見いだせないので為す術がないと言った感じなのかもしれません。しかし、時間の経過とともにあの日あの時を振り返った時に、「何と無駄な時間を過ごしてきたのか?」と無為に過ごした時間を惜しむ時がやってくるような気がします。

まぁ、これは私の勝手な思い込みですが…

3年生の2学期、3学期の授業なんて消化試合みたいなもの。「進路が確定した生徒たちの学ぶ目的なんてどこにあるのか??」って感じでしょう。

そもそも学問など際限がなく、生きる糧となる教養は長年に渡って身につけていくべきもののはずが、大抵の学校においては、学ぶ目的を進学であったり就職のためとしてミスリードしてしまうから、高校を卒業するころには、大抵の生徒が勉強嫌いになっている。勉強というか学校の授業が嫌いになっていると言った方が適切かもしれません。

もしかしたら、高校に入学する段階でそうなってるのかもしれませんが…。

この時期に身につけておいたり経験しといた方がいいことって他にたくさんあるし、そういったことは人によってもそれぞれ内容が異なってくることだから、

もっと自由に色々と経験させてあげた方が良いと思うのですが…。

自動車学校の許可を何で学校が与えないといけないのか??

って思いますし、アルバイトなんかも積極的に進めてやった方がいいでしょう。いちいち担任がサインする時間だってもったいないし、法律に違反してるわけでもなく、お金を払って通ってるんだから、そもそも学校が口を出すのは余計なお世話。

3年生なんて極端な話、今だったらバイトと自動車学校に通わせておけば十分。

勝手に自動車学校に通ったり、無断でアルバイトを始めて、学校に来なくなったりしても良いじゃないですか??

授業など受けてないで、少しでもお金を稼いで進学のためのお金であったり、卒業後の投資資金としての蓄えを作っておいた方が、絶対豊かな生活が出来るのに…

それ以上の価値を学校の授業が生み出しているとは到底思えない…

一度生徒にアンケートでもとってみれば一目瞭然でしょう。

いい加減、生徒を管理することが教育だという勘違いを改めないと、この先取り返しのつかないことになってしまう…

本当に必要なことだけを徹底的にやらせて、後は個人の裁量に任せてやることも大切です。

そうすれば、教員だってもっと仕事がスリム化されるし勤労意欲も向上していくだろうに…

とは言っても、これは法律に関わってくることだから簡単には変えられないでしょうけど、そもそもの法律から時代に合わなくなっている。

そんなことを思いあぐねるのも、後数か月の事になってきました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事